金利が変動すると生活の見通しを立て辛くなる

住まいを購入する場合は建物だけでもかなりの金額となりますが、土地も購入するならさらに多くの資金が必要です。しかし、住まいを購入する目的で利用できる住宅ローンがあるので、審査さえクリアしてしまえば念願のマイホームの購入は20代や30代でも可能です。
ただ、住宅ローンを利用することになると、長期間の返済がスタートします。住宅ローンには固定金利と変動金利があり、どちらも選択できるようになっています。
注意したいのは変動金利を選んだ場合、今後金利の内容が変更になってしまい、返済の負担が増える状況は考えられます。もちろん、低くなってお得になることもありますが、金利が変動して返済の負担が増える状況を迎えてしまうと、生活の見通しを立て辛くなります。

将来の生活をイメージできます

生活の見通しが立て辛い変動金利に比べ、長期固定金利はずっと金利が変わらないため、返済金額が増えることを心配する必要はないです。このメリットによって将来の生活をイメージできるようになります。
そのため、少しでも先のことを細かく考えたい人にとっては、長期固定金利はピッタリでしょう。ただ、長期固定金利を選ぶ場合は借入する時期が非常に重要と理解しておく必要があります。
高い時期に借りた場合と低い時期に借りた場合では金利の差が大きくなるので、返済する利息の金額も大きな差が発生します。短期間の借入なら負担が増えるのは一時的ですが、長期間の返済は長く負担が続くことになるので、低い時期に借りられるように見極めが大切です。