変動金利の特徴を紹介

家を買うときに住宅ローンを利用できます。変動型と固定型が用意されているのですが内容が違うので知っておくといいでしょう。変動型は基本的に返済額が5年間変化しないもので上がっても125%までとなっています。借りている間は変動する仕組みをしていてマーケットの短期金利が動くと連動するのが特徴です。
短期金利は取引期間が1年未満の金利を指し、短期プライムレートに連動する仕組みをします。ただ変動してもすぐに金利が上下するわけではなく返済額は見直しが5年に一度のサイクルです。間に金利が上がっている場合、その時点から5年間は現在の金利が適用されます。
固定型は金利の上下に関係なく最初の金利が適用されるものです。場合によっては変動型の方がお得になるので優劣は特にありません。

固定期間が短いタイプほど金利が低い

固定型は金利が固定されているのでお得感があるといえるでしょう。実際に変動型の方が金利は少ないのが特徴です。一般的に変動型は短期金利が上がると連動する仕組みをしているため、融資する銀行は資金調達をしやすい短期金利のほうが貸し出しやすいといったメリットがあります。ローン金利を上回るリスクも少ないので比較的安価な金利で借り入れをできる仕組みです。
借り入れ実行のときは一番金利が低く使い勝手がいいと言えます。固定金利か変動金利で悩んでいる方がいるのなら生活環境で選択するといいです。たとえば共働きで収入が多い、将来も一緒に仕事をしているのなら変動型金利が良いでしょう。貯蓄もある程度あるのならおすすめです。