家を購入するときには大金が必要になりますが自分で用意するのは大変です。こういうときは銀行にある住宅ローンを利用するといいでしょう。これから住宅ローンを利用したい方は金利について知っておくと計画を立てやすいです。

長期固定金利のメリットを紹介

銀行では長期固定金利と呼ばれるサービスが使えます。固定金利は長期間にわたる返済に特化するもので金利が一定なのが特徴です。フラット35とも言われる金融商品で独自の特徴を持っています。利用者も比較的多いサービスなので内容を理解しておきましょう。

ずっと固定されている金利が魅力

住まいを購入する場合は建物だけでもかなりの金額となりますが、土地も購入するならさらに多くの資金が必要です。しかし、住まいを購入する目的で利用できる住宅ローンがあるので、審査さえクリアしてしまえば念…

保証料や繰り上げ返済手数料がかからない

住宅ローンを活用する場合、大きな金額の借金を抱えることになるため、完済までとても長く感じる場合があります。そのため、少しでも借入する金額を少なくできた方が早く完済可能なため、最小限に抑えられる方法…

万が一のことがあっても安心のサポートがつく

フラット35にメリットはあるのか

住宅ローンを利用するときには金利タイプと呼ばれるものが利用できます。これは固定金利や変動金利が用意されていて内容が違うのが特徴です。 全期間固定金利型のものは借り入れしたときに金利が固定されるタイプで一切金利が変動しないのがメリットとなっています。いつまでも金利が固定されれば返済計画も立てやすいのがメリットです。 また万が一のことがあった場合に備えて新機構団体信用生命保険制度が適用されます。フラット35を使うと強制的に加入する保険で、加入者が死亡や身体障害状態になったときに効力を発揮してくれるのが特徴です。住宅金融支援機構かに支払われる保険金が債務に当てられるためフラット35の返済が不要になるのがメリットとなっています。

他のサポートもあるので知っておこう

返済メニューもたくさんあるので便利です。住宅ローンの返済が長期になるので状況に応じて利用者の手持ち金は変化します。たとえばまとまったお金ができたときや、子供の進学でお金が必要になる場合もあるでしょう。これに対応したサポートとして返済方法の変更が用意されています。 生活状況に応じてタイプ別の返済メニューを選択可能、完済まで細かく対応するのがポイントです。返済中のお客さんにはフラット35の利用状況を確認できるインターネットサービスもあります。借入残高の確認や一部繰り上げ返済の申込みができるので便利です。 基本的に無料で登録可能なサービスなので使うと便利と言えます。また返済シミュレーションや書類の発行依頼もできるのが特徴です。

変動型の特徴を理解しておこう

金利は半年に1回の頻度で変動する可能性が高い

長期ローンとなる住宅ローンを利用するときには金利のわずかな差も気にかけるのが大切です。30年以上も返済を続けることは稀ではなく、短い人でも20年程度のローンにすることになるケースが多くなっています…

どういう基準で変動するのか

住宅ローンには変動型と固定型、更に固定期間選択型に分かれており、それぞれのメリットを生かして活用する事が重要といわれています。固定型は何があっても金利が変わりませんが、変動型は社会情勢によってすぐ…

5年間の間は返済額に変化がない

家を買うときに住宅ローンを利用できます。変動型と固定型が用意されているのですが内容が違うので知っておくといいでしょう。変動型は基本的に返済額が5年間変化しないもので上がっても125%までとなってい…